fc2ブログ

再開にあわせて

引退すると言っておきながら3ヵ月で復帰してしまった・・・
リーゼルさんになんか悪いことしたと思いつつ、吹っ切れて引退した彼女と異なって、私はかなり後ろ髪引かれる思いだった
致命傷はWEBでメール見たことだな、結構メール頂いてたのはなんかうれしかった
また、大航海をブラブラするとともにこの備忘録を残すことにします
しかし・・・大見得切った事もあり、なんか恥ずかしいな
sg.jpg<このコーナーもお引越しwww

SW3.jpg<生暖かい目で遠くから見守ってくださいw

ということで暇つぶしに・・・・

0.jpg

SW3.jpg<まずは元となる画像を選ぶ、今回は貨幣をイメージしているので横顔にします
これを加工します

1_20121127191755.jpg


SW3.jpg<白黒画像に加工します、黒の部分が保護され、白の部分が抜きになります

sg.jpg<白が抜きの部分になるという事がポイント、カラー画像だと抜きがない為に白黒にしているんだ

2_20121127192404.jpg

SW3.jpg<今回の最重要材料真鍮板加工品2mm厚です、109ハンズで購入し、円形に加工して貰いました

sg.jpg<購入の際に3mm厚のほうがいい感じの重みだったのだけども値段が1.5倍だったので試作品だし2mmでいいかと、加工を依頼したときに3mmも出来ますかと質問した際の店員さんの加工が大変なんですよという顔が忘れられない、結果2mm厚でよかった

3_20121127192340.jpg

SW3.jpg<白黒画像をレーザーで印刷し、転写をかけます

sg.jpg<用紙はFUJIの画彩ってやつを使いました、水をつけてアイロンを押し付けて転写

4_20121127193134.jpg

SW3.jpg<水をつけて紙をはがすと上手く転写されていました、これで工程の1/3終了です

sg.jpg<なんとなく完成品のイメージがわかるのでちょっとコーフンする

5_20121127193423.jpg

SW3.jpg<エッチング液に浸します、ジブロックを使いましたが、ガラスやポリの器がいいみたいですね

sg.jpg<この工程で反省点、ジブロックで2重にして中にお湯を入れた為にエッチングの進み具合が確認できなかった、その為に本来保護する部分が侵食されてしまった、真鍮の保護をもっと厚くするべきだったかな

6_20121127193848.jpg

SW3.jpg<洗浄後、ラッカースプレーで墨入れしちょっと磨きました

sg.jpg<裏面や側面、表の保護部分にも侵食がみられてマスキングの難しさを考えさせられるな
次回の課題だ

7_20121127194154.jpg

SW3.jpg<240番からはじまって400.1000.1500.2000、再度墨入れし2000番で磨いて完成

sg.jpg<こうやってまとめると反省点が出てくるなぁ、まあ、磨きは後日100番くらいから再度やり直ししてみよう、図案もミシャみたいな感じでできればいい感じになるだろう
工程を一通り体験できたから今回はこれでいいかな

ということで直径9cm、厚さ2mmのペーパーウェイトが出来ました
長年やっているゲームなんで記念品として残しておくことにしましょう
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply